【動画・声あり】櫻井孝宏ラジオで謝罪の3分【コメント全文】・放送を聴きたい人に再配信のお知らせも

スポンサーリンク
声優

櫻井孝宏さんが自身がパーソナリティをつとめるラジオ番組で、謝罪コメントを発表。

騒動後、事務所を通しての謝罪文が発表されたのみで、本人の声での謝罪は初となります。

櫻井孝宏が自らの声で発信したかった内容とは何だったのでしょう?

スポンサーリンク

【櫻井孝宏】低い声で謝罪コメント「無責任で愚かな行動」

櫻井孝宏がパーソナリティを務める『こむちゃっとカウントダウン』(文化放送)で、冒頭3分間もの時間を使って、コメントを発表しました。

予定していた出演は見送り、生声の配信という異例の形でラジオ番組ははじまりました。

【櫻井孝宏】3分間で読んだコメント全文

櫻井孝宏の謝罪コメント全文

『こむちゃっとカウントダウン』をお聞きのみなさん、こんばんは。櫻井孝宏です。この度は私のプライベートでの不適切な行いで、応援と信頼を裏切ることになり、申し訳ございません。大切な番組の放送時間を私個人のためにいただくことは、とても心苦しいのですが、自分の言葉で伝えるべきだと思い、このような形でお話させていただくことにしました。

今回、私の無責任で愚かな行動によって、周りの方々を傷つけました。自分がやってしまったこと、事の重大さ、失った信用を改めて痛感しております。自分の犯した過ちで、傷つけてしまった方たちに心よりお詫び申し上げます。本当に申し訳ございませんでした。

私はラジオパーソナリティーとして『こむちゃっとカウントダウン』に育てていただきました。新人時代からお世話になっておりまして、たくさんのことを番組から教えてもらいました。毎週土曜日を文化放送さんで過ごすことが日常になり、今は自分の生活の一部となっています。この番組は、自分を語る上で必要不可欠な存在です。それなのに今回、私の身勝手な行動で、パーソナリティーの白石晴香さん、生放送を支えてくださるスタッフのみなさん、そして、番組を楽しみに聞いてくださっているリスナーのみなさんの気持ちも裏切ることになってしまいました。本当に本当に申し訳ございません。

今回、自身の行いの重さを受け止め、番組スタッフに相談させていただき、番組をお休みさせていただくことにいたしました。重ね重ね、みなさまにはご迷惑をおかけしてしまうことになり、本当に心苦しいのですが、お休みをさせていただく中で、傷つけてしまった方に誠心誠意の限りを尽くして、向き合っていくとともに、信頼の回復に向けて、自分を見つめ直していきたいと、心から思っております。この度は本当に申し訳ありませんでした。

スポンサーリンク

【櫻井孝宏】ラジオ放送直後のコメント

リスナーへの裏切り感が残る「まわりくどい謝罪だけ」

3分間の謝罪の中に、この騒動を説明するような文言はいっさいありませんでした。

これまでがリスナーとの信頼を大げさに表してきた番組構成だっただけに、裏切り感が強調される形のコメント発表となりました。

【櫻井孝宏】ラジオ番組出演休止を発表

番組中「こむちゃっとカウントダウン」を当面出演休止することが発表されました。

問題となったラジオ番組の打ち切りにつづき、レギュラー主演作の降板が心配される中、この度は「出演休止」という形にとどまっています。

【櫻井孝宏】人気アニメの降板は避けられない!?

次々と櫻井孝宏の活動自粛が進みながらも、決定的な降板報道は沈黙を守っているには理由があります。

・離婚報道が弁解余地のない事実である
・櫻井孝宏が抱えるアニメ配役が大役すぎる
櫻井孝宏が今後の活動について、はっきり名言できないのは、櫻井自身の過ちが本当に重いということと、アニメ等の配役の重みが大きすぎることが要因であります。
 
しかし、彼の罪の重さを背負いながら、人気キャラクターが生かされていくことは、もはや論外の域に達していくことも事実だといえそうです。
 
 

櫻井孝宏のラジオ番組(謝罪回)を聞きたい【タイムフリーで聴きなおせる】

櫻井孝宏の生の声が聴きたい!!方必見

ラジオ番組「こむちゃっとカウントダウン」での櫻井孝宏の謝罪コメントが聴きなおすことができます。

2022年10月30日(23:42)までなら聴きたいところだけ聴き直す機能・タイムフリーがおすすめです!(こちらのサービスは終了しています)

※ラジオアプリradikoをインストールください

radiko公式ページはこちら

櫻井孝宏の謝罪コメントだけ聴きたい!

櫻井孝宏降板⁉の詳しい記事はこちらから↓

2006年【櫻井孝宏】盗作報道時、最初に活動を休止させたのも文化放送」の記事もこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
声優芸能
スポンサーリンク
LaLaをフォローする
Look ahead

コメント

タイトルとURLをコピーしました